釣り・アウトドア関連用品

アウトドアや災害時の強い味方【ポータブルシャワー】のご紹介

今回はアウトドアや災害時に使えるポータブルシャワーを紹介します。

一つ持っておくと、とても重宝すると思います。

私は釣りやバーベキューが趣味なのですが、水道設備がない所が殆どである為、タンクに水を入れて持っていく事が当たり前になっています。

使用用途は、手洗いは勿論、物を洗ったり、私の場合は魚を現地で捌く際に使用する事もあります。

また、皆さんも海で砂が付いた脚やサンダルを洗い流すのに苦労した経験ありませんか?

ペットボトルに入った水でも洗い流せるとは思うんですが、シャワーだと更に楽で早く綺麗に洗う事ができます。

そして、何といっても災害時等にあるととても助かると思います。

特に手動式のタイプであれば、電源を気にする事がないので安心して使用できます。

私の場合は災害時に使用した訳ではありませんが、過去に電気温水器が故障してお湯も水も出なくなった事があります。

その際、復旧するまでの約3日間は、共有部から許可を得て頂いた水を少しずつ沸かし、浴室で使用する事で何とかやり過ごす事ができました。

あまりないケースかもしれませんが、”いざ”という時にあると何かしら役に立つと思います。

【館長】 るん太郎
ワンちゃんの脚を洗うのにもとっても役立ちます

ポータブルシャワーとは

多くの製品はポリタンクの注ぎ口、もしくは容器内に製品をセットし、電動ポンプや、手動の場合はタンク内の内圧を高める事で水を出すしくみです。

また、製品によってはタンクとシャワーが一体型になっている物や、吊り下げるタイプのポータブルシャワーも販売されています。

シャワー式タイプ(吊り下げ式を除く)は、通常の注ぎ口から水を出すよりも勢いが良く、商品によっては節水効果にも繋がります。

また、満タンで20L(製品によります)もあるポリタンクを持ち上げたり傾けたりしなくても、水を出す事が可能ですし、水を出している間も両手が使えるのは本当に助かります。

【館長】 るん太郎
話は少し逸れますが、労働基準法で継続して物を運ぶ作業において持ってよいとされる重量は、体重の約40%以下とされています。私の体重は3.8㎏なので20㎏となると当然アウトです。皆さんも重い物を持つ時は腰を痛めないように気を付けて下さい。

手動ポータブルシャワー(市販ポリタンクに設置するタイプ)のメリット・デメリット

市販されている大抵のポリタンクに取り付けて使用できます(注ぎ口の径によっては取り付けできない物もあります)。また、電源も不要で持ち運びも自由ですので使う場所を選びません。アウトドアで車から離れた場所での料理や手洗い場の設置等においても重宝します。そして何と言っても災害時に活躍が期待できます。
ポリタンクは別に購入する必要があります。ポリタンクによっては圧力をかけないように注意喚起してある製品もありますので、一体型のポンプシャーワーのように高圧にはできません。また、水勢が弱くなると手動ポンプで圧力を高める必要があります。
手動ポータブルシャワー人気商品

タカギ(takagi) アウトドア用品 アウトドアポンプ 電池いらず

Amazonの”スプリンクラー”カテゴリーでベストセラー1位商品 (2022年3月6日15:00時点)


私も使用して12年くらいが経ちます(少し前に紛失してしまったので2個目を購入しました)。釣り場での洗い物や砂の付いたサンダルや足を洗う際に、シャワーだと広範囲で洗えるのでとても重宝しています。また、止水ストッパーは水がでる位置にあるので、不潔な手で触ったストッパーもすぐに洗い流す事ができて衛生的です。ちなみに、先にお伝えした電気温水器故障時の件で助けて頂いたのもこの商品になります。

吊り下げ式シャワーのメリット・デメリット

ココがポイント

使用しない時はポリタンクよりもコンパクトになる物が多く、収納時にかさばりにくいです。また、安価で購入しやすい製品も多いです。

ココに注意

ポリタンクに比べて破損する可能性が高いです。また、重量があるので吊り下げる場所の強度や設置する体力も重要になりますし、大人がシャワーをするとなると身長よりも高い場所に吊り下げるか、座ってシャワーを行う等の工夫が必要になります。
吊り下げ式シャワーの人気商品

ポータブルシャワー お湯  ソーラーキャンプシャワー アウトドア 20リットル

最安 楽天 (2022年3月6日15:00時点)


 

耐久性はあまり期待ができないかもしれないので、消耗品として考えておいた方が良いかもしれませんが、単純で使いやすいと思います。暖かい季節になれば、昼間外で温めておいて、夜お風呂で使用するのも良いかもしれません。

手動ポータブルシャワー(タンク一体型)のメリット・デメリット

ココがポイント

タンク内圧を高める事ができる為、手動ポンプですがシャワーの勢いがあります。

ココに注意

耐圧性を保つ為、円柱状のタンク形状が多い事やポンプのハンドルなども付いているので、車載時には要領よく安全に積む工夫が必要になる事があります。
手動ポータブルシャワー(タンク一体型)の人気商品

MOLUSKO モルスコ シャワー7L 

Amazonの”ポータブルシャワー”カテゴリーでベストセラー6位商品 (2022年3月6日15:00時点)

MOLUSKO モルスコ シャワー&ミスト16L 

最安 Amazon (2022年3月6日15:00時点)

私はこちらの16L入る製品を使用しています。特に私の場合は、16Lのみでゴムボート本体や付属品、釣り道具の全てを洗浄しています。16Lタイプは通常のポリタンクよりも本体の高さがあり、ショルダー紐も細く少し持ち運びにくいように感じる事や、シャワーヘッドを固定できるフックが無いのが少し残念に感じます(工夫次第で何とでもなりますが)。しかしながら、使用頻度が多いにも関わらず、特に破損した箇所もなく耐久性もあるようですし、シャワーもレバー式で止めたり出したりも簡単で、手を放しても水を出したままにする事もできます。また、何と言っても電源を使用しないのでバッテリーや電池残量を気にする必要もありませんし、車から離れた場所でも使用できます。更に手動式でありながら水勢もありますのでボートの洗浄にはかかせませんし、様々な場面で重宝しています。

電動ポータブルシャワーのメリット・デメリット

ココがポイント

電動で水を吸い上げて放出するので、手動のように面倒な手間はかかりません。

ココに注意

車から電源をとる場合は、使用する場所が限られます。電池式やバッテーリー式、またはバッテリーに繋ぐ製品もありますが、災害時に車の燃料が無くなったりバッテリーの残量が無くなれば使用できません。また、電動なので水量も多く一定に水を放出する事ができますが、その分水が無くなるのも早いです(製品によっては水量を調整出来るタイプもあります)。
電動ポータブルシャワーの人気商品
ポータブルシャワー アウトドアシャワー innhom USB充電式 
Amazonの”ポータブルシャワー”カテゴリーでベストセラー1位商品 (2022年3月6日15:00時点)


水勢は強くないですが、コストパフォーマンスに優れた商品です。USBで充電できますし、満充電で連続して45分使用できます。カタログ値では1分で3Lの流量なので、20Lタンクで約6.5回は使用できる計算になります(※バッテリーの劣化や使用環境によっても異なります)。空気を吸い込むと水が出なくなる等ちょっとした注意点はありますが、バランスのとれた商品だと思います。

最後に

今回紹介させて頂いた製品は、実際に私自身も使ってみて良かった商品やレビューにて高評価の商品を中心にお伝えさせて頂きました。あくまで個人的な感想を含めた内容になっておりますので、意見にも偏りがあるかもしれませんが、検討材料の一つとして少しでもお役に立てれば幸いです。

 

  • この記事を書いた人

るん太郎

釣り好きな中年で、普段は高齢者施設で働いています。 趣味の一環として空いた時間でブログを勉強中です。内容としては、今まで購入してきた商品の評価を中心に、様々なお役立ち情報を投稿させて頂こうと思っています。 宜しくお願いします。

-釣り・アウトドア関連用品