Boostnote の Vim カスタムマッピングの追加方法

Boostnote の Vim カスタムマッピングの追加方法

Markdown には Boostnote が便利

このあたりは以前記事にしましたので、そちらをご覧ください。

Vim Mode とは

Boostnote の公式で Vim Mode の紹介があります。ここのチュートリアルに沿ってやれば、キーバインドが Vim 準拠になります。ちゃんとノーマルモードヴィジュアルモードインサートモードがあり、移動のキーマッピングもほとんど実装されています。Boostnote の Vim mode はとても優秀です。

vimrc が欲しくなる

Boostnote に Vim mode があるから Boostnote を使っているといっても過言ではないぐらい Vim に依存している私です。Vim 使いとしては、vimrcみたいにカスタムキーマッピングを設定したいところ。個人的には kj というキーマッピングを ESC として使っているので、それがないのはとても辛い。

カスタムキーマッピングを設定する

ということで、色々中のコードを漁ってみました。すると、/usr/share/boostnote/resources/app/node_modules/codemirror/keymap/vim.jsというファイルに Vim のキーマッピングが設定されていることを見つけました。

このファイルの defaultKeymap という配列に自分が追加したいキーマッピングを掘り込んでやれば、カスタムキーマッピングの登録が出来ました。どのように設定すればいいかは、同一のファイルの他のキーマッピングを参考すれば大体分かります。

先程のファイルの 41 行目あたりからです。

やっぱり ESC は kj でしょ!

ESC キーを jj に設定している人を見かけますが、海外でもその設定が人気なようですが、同じキー2回って非効率じゃないですか。もちろん異論はあるんでしょうが、別々のキーを設定したほうがタイピングスピードがかなり早くなりますよね。ということで、kjでA ESC キーを設定するのはお薦めです!

Boostnote で快適 Vim ライフを!

というわけで、自分のカスタムキーマッピングをも設定できるようになった Boostnote は他の追従を許さない、一番の Markdown エディタとなったのでした。ぜひ、使ってみてくださいね!

ブログランキング・にほんブログ村へ